ひよりの小さな暮らし

今よりもっとミニマムに、今よりもっと豊かな暮らしを目指す主婦のブログ

【ミニマリストとアクセサリー】ついにアクセサリーボックスを手放し、アクセサリーは4点に厳選した

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは!ひよりです(^^)

 

無印のアクセサリーボックスがいいと記事を書いたのが昨年でした。

 

hiyori-minimum.hatenablog.com

 

今年に入りアクセサリーを見直し、持っているアクセサリーを大幅に減らしました。

 

今回はアクセサリーの厳選方法について書いてみたいと思います。

 

「アクセサリーの数を減らしたい!」という方ぜひ読んでみてください(^o^)/

 

現在所持しているアクセサリー4点

現在所持しているアクセサリーが、婚約指輪と結婚指輪、イヤリング、腕時計の4点になります。(腕時計がアクセサリーに入るかは微妙ですが、装飾品ということで)

f:id:hiyori_minimum:20230322131900j:image

イヤリングは、「mimi33」で購入した物。

 

腕時計は、「Knot」で購入しました。

 

これ以外だと、冠婚葬祭用のネックレスが1つあります。

 

ネックレス以外は常に使用しているお気に入りのアクセサリーばかりです。

アクセサリーを厳選する方法

昨年はアクセサリーボックスが必要なくらいアクセサリーを持っていましたが、厳選することでアクセサリーの数を大幅に少なくしました。

 

私が行ったアクセサリーの厳選方法を紹介します!

服の数を厳選する

「アクセサリーを少なくしよう!」と思って服の数を厳選したわけではないですが、服を整理すると自然とアクセサリーも厳選されていきました。

 

手持ちの服にどうしても合わないアクセサリーが出てきてしまうのです。

 

服を好きな物だけに絞ることで、アクセサリーも好きな物だけ残っていきました。

苦手なジャンルのアクセサリーは持たない

苦手なアクセサリーのジャンルがあることを認めました。

 

以前はイヤリング、ネックレス、ヘアアクセサリー、指輪をそれぞれまんべんなく持っていたのですが、圧倒的に出番が少ないジャンルがあることに気づきました。

 

私の場合、ネックレスとヘアアクセサリーです。



ネックレスは子供が生まれてから抱っこをしているときに、子供を傷つけてはいけないと着用しなくなりました。

 

またヘアアクセサリーは、もともと手先が器用ではないためヘアアレンジをすることがなく、滅多に使う機会がありませんでした。

 

これらのアクセサリーは私の生活において、必要の無いものと判断し一切持つことをやめました。

年齢に合うか確認する

今持っているアクセサリー何年前に手に入れたものか覚えているでしょうか?

 

私のアクセサリーボックスの中身は、大半が20代前半で手に入れたものばかりでした。

 

30代の今実際つけてみると、どうもしっくりきません。

 

なんでも若さで着こなすことが出来た20代とは違い、違和感があります。

 

ちょっとアクセサリーが若々しすぎる気がするというか、身に着けているとそこだけちょっと浮いているような感覚です。

 

年を重ねたことで、なんでも着こなせなくなってきてしまったのですね(;^ω^)

 

似合わない物を沢山持っていても仕方がありません。

 

必要になったとき、「今の自分」に似合うものを手に入れようと思い、似合わないアクセサリーは手放しました。

数年に1度しか使わない物はシェアする

アクセサリーを厳選するときに、「人生で数回しか使わないであろう」物はシェアすることに決めました。

 

例えば入学式や卒業式で着用する、コサージュやブローチ、イヤリングは持っていたところで出番は数年に1度です。

 

そのためにわざわざ購入するのはもったいないですし、アクセサリーが次使用する時に綺麗なままとは限りません。

(実際母からもらったコサージュは白色が黄色に変色し劣化してしまっていた。)

 

それならば持っている人に借りたり、自分が持っているものを貸したりしてシェアする方がいいと思い所有することをやめました。

 

借りた時にはお礼を伝え、ちょっとしたお礼の品を渡すようにしています。

 

こうして数年に1度しか使わないようなアクセサリーは持たないようにしています。

まとめ

以上が私がしたアクセサリーを厳選する方法になります。

 

女性として少なすぎるような気もしますが、あっても使用する機会がないので仕方ないですね(;^ω^)

 

厳選して1軍だけにすることで「使用していないアクセサリー」がなくなり、とても気持ちがいいです!

 

またアクセサリー選びに迷う時間も無く、お気に入りのアクセサリーをパッとつけられるのも気分がいいでものです(≧▽≦)

 

「今の自分に合う」物だけが入っているアクセサリーボックスを作ってみませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪